2008年8月 新ThinkPadのレビュー
 
X200 SL300 SL400 SL500 R400 R500
T400 T500 W700 W500      


この広告からのクリックは特別価格で提供

    メーカーへのリンク

  全体の要点

     ・今回からすべてワイド(16:9)画面になりました 3桁の先頭はLCDの大きさです 例T400は14インチ T500は15インチ W700は17インチです
     ・ワイド画面になったためキーボードの枠が広がり安物くさくなった
           ・
4:3が欲しい方は前モデルを今のうちに探してください
           ・Lenovoになって品質は今までと変わりはありません ThinkPadは大和で設計されており品質テストも同様に行なっている
     ・次世代ThinkPadはCPUファンの風きり音を静かになるようふくろうの羽根の技術を使い
      高回転させても静かですのでCPUの熱も効率よく外に出してキーボードやパームレストが熱くならないようにしている
           ・システムボードが歪まないように筐体をさらに補強している またシステムボードを浮かして支持するようにねじ穴の構造を変更した。
 

X200 X300シリーズ  特徴

 ・小型のThinkPad 

 X200   12インチモデル X61の後継機でワイド画面

 X300 13インチモデル とにかく薄く先進の技術を詰め込む 7mmの光学ドライブ内蔵(写真はありません)

  X200   キーボードを外したところ
  X200   ワイヤレスLANカードの近傍


デモ機ですが
ワイヤレスWAN(WWAN)赤、青のケーブル有り
バッテリパックを外すとSIMカードを挿すスロットがあります


 

 

SL300 SL400 SL500シリーズ  

 ・一般ユーザーを意識した他社に対抗したモデル
 ・Lenovo3000の後継機 6列キーボードと取替えが出来ない光学ドライブで価格を下げている
 ・LCDカバーはツルツルに仕上げている (S30やX30の記念モデルの様な高級な塗装ではありません)
 ・LCDカバーの ThinkPadのiの点がサスペンド時に点滅する
 ・LCDは光沢あり光沢なしモデルが選べる
 ・i1200と何処と無く似ている
 ・メモリは
PC2-5300 DDR2 SDRAM

  SL300 13インチモデル
 SL400 14インチモデル
 SL500 15インチモデル WSXGA+1,680×1,050ドットが選べる
  SL300
正面
 
  13インチは幅も狭いため 

キーボードベゼルが狭くなり良い感じに収まる

    コストダウンのため取り外しの出来ない光学ドライブ

i1200と似て傾斜になっている側面
  キーボード   コストダウンのため6列になったキーボード

電源スイッチもキーボードの外

音量スイッチはキーボードベゼルに配置

写真では判りづらいですがHDDランプ等は前面に配置

Lenovo3000の後継機らしい?配置や作り、考え方です。
  LCDカバー   私が一番気に入ったところです
ThinkPadの文字のiの点が赤いLEDになっており
サスペンド時に点滅(またたき)します。

LCDカバー表面はツルツルの仕上げでピーチスキンにはなっていません
キズや指紋は付き易いですが気にせずガンガン使いましょう、
ThinkPadも喜んでくれるはずです。

 

R400 R500シリーズ 

・業務向けスタンダード
・各素材(筐体や塗装)を安価にして、ある意味お買い得
・Tシリーズより分厚い
・メモリは
PC3-8500 DDR3 SDRAM

 R400 14インチモデル
 R500 15インチモデル WSXGA+が選べる
 

正面
 
  メーカの写真です、写真を撮り逃しました。

 

 


T400 T500シリーズ 


・ThinkPadらしいThinkPad
・塗装や材質に妥協せず創り込んであります、Rより薄く仕上げている
PC3-8500 DDR3 SDRAM

T400 14インチモデル
T500 15インチモデルWSXGA+が選べる

正面  

ThinkPadです

   

薄型です

   

USBとUSBの間隔はもう少し離れていた方が使いやすいと思います

    光学ドライブ

 

正面    

 

後ろ   ThinkPadT60の後継らしい姿ですが、パラレルポートがついになくなりました
キーボード   次世代ThinkPad共通ですが
ワイド画面に伴い タッチパッドもワイドになっている
 
 

シンプルで良い感じです

ロゴ    

X300以降はlenovoの黒いロゴが右側に配置される
当然IBMのマークは何処にもありません

無難に収まっています

ゴム足   さらに進化したゴム足

HDDへの衝撃をさらに和らげます

T30の肉球を思い出しました、

 

W500 W700シリーズ

・ワークステーションです T61PやT42Pユーザーの後継機ですが全くの別物
・テンキーが装備され使いやすそう デジタイザー装備やLCDのキャリブレーション搭載
・LCDも高性能 で RAID対応HDDも2個と搭載可能(SSD2台も可)
・当然重たく巨大 ACアダプタも巨大 持ち歩きは向きませんが 会議室とデスク間の移動なら実用的
PC3-8500 DDR3 SDRAM

W500 15インチモデル  テンキーやデジタイザーは無い T61PやT42Pユーザーの後継機としてどうぞ
W700 17インチモデル Core™2 Extremeプロセッサー QX9300が選べる 

W700
正面
 

ThinkPadですがゲームの画面でデモしていました


独立グラフィックス
NVIDIA Quadro FX 3700M(1GB)が載っている

デジタイザーの上方にカラー・センサーを内蔵し
キャリブレーションが可能

 

   

W700はディスプレイ・ポートを背面に装備

W500はディスプレイ・ポートを左側に装備

 

   デジタイザー・ペンはここに収納


各オプションや周辺機器

 

 

 

 

参考
 WXGA   とは1,280×800ドット
 HD        とは
1,366×768ドット
 WXGA+  とは1,440×900ドット
 HD+    とは
1,600×900ドット
 UXGA   とは
1,600×1,200ドット
  WSXGA  とは1,680×1,050ドット
  フルHD  とは1920×1,080ドット
 WUXGA  とは1,920×1,200ドット


ThinkPadは↑から購入できます。
ThinkPad Love TOP

メモリは中部ノートセンターへ
ibmpc.jp

 

 ThinkPad  trademarks of Lenovo Corporation.
Windows is a trademark of Microsoft Corporation.
写真は巨大になります。