Think Pad 560系バッテリセル蘇生実験 00/09/17一部加筆

これは実験です、真似はしないで下さい。
蓄電池(バッテリパック)は1歩間違うと数十(数百)アンペア流れます
爆発、発熱の危険がありますので、このような分解はしていけません。
当然PONTA、メーカ他は一切の責任を取りません

560_batt_06.jpg (140051 バイト)

ThinkPad560のバッテリーもよく逝ってしまいます(+_+)

これまた、高価な物ですし、
酷使して使い倒した後に逝ってしまうのなら納得いきますが、
あまり使っていなくても逝ってしまう事もあるようです。

例によって殻割りして調べてみましょう。

@ 560_batt_04.jpg (124191 バイト) つめの位置は前後こんな感じですが、
やはり接着もされています、とにかく2分割する。


PONTAはヘタなのでキズだらけです(;_;)
560_batt_05.jpg (68112 バイト)
A 560_batt_03.jpg (330959 バイト) 3枚におろして、下ごしらえ完了 (まだです)
ThinkPad535と同じ3セル×3の構成で
電圧 3.6V×3=10.8V
電流 750mA×3=約2.2A
を作成しています。
セルはAT&T製です。
B
C 560_batt_01.jpg (151522 バイト) 充放電制御回路を外す。
コレ以上分解する必要はありません。

(560の充放電制御回路を外さずに充電すると
 560の充放電制御回路を壊します)
D 560_batt_02.jpg (173298 バイト)
(デジタルテスタですので+と-を
適当に当ててしまいましたが、
本来は赤棒と黒棒は逆です。
念の為、、)
セル3本(並列接続)の電圧を測定する。
今回は0.43Vでした、(0Vでなければ、蘇生する可能性があります)
ってゆうことは、、ヒューズは切れていないぞ、、よし、充電してみよう!!

結果的に3.6Vぐらいまで、自力で保持できるように充電し
パック全体で10Vまで持ち上げれば、
TP560本体がバッテリパックとして認識すると考察しました。

このセル3本(並列接続)へ
約4V〜5Vぐらいの電圧を加えて充電します。
(当然充電中は端子間電圧は0.5〜3.6Vぐらいに下がります)

約1A程流れますので、耐えうる電源も別途必要です
PONTAは秋月電子通商MAX713使用-ΔV制御超急速充電器セット
を使いました。(リチウム電池用ではありませんが、、)
「7年ぐらい前に、ラジコンやハンディー無線機のNiCd

 充電する為に作った物です。」 要は充電すればいいんです。

5分ぐらい、適当に充電すると、その
セル3本は
自力で3.6Vぐらいを保持できています。
コレで半分は成功しています、NGの時は、多分蘇生できません。

残り6パックも、同じ要領で充電します、つまり、同じ工程を3回行います。

最終的に、9セルの両端で10Vぐらい保持できればOKです

E
その後は元の戻して、TP560にて充電します、0% とか表示され、
インジケータがオレンジにLED点灯すればOKです
100%まで充電しますが、それに時間が掛かるほど、バッテリは元気な証拠です
逆に10分ほどで100%になった場合は、5分しかもたないバッテリと思います。

 

注意点 ・上記の文面を読んで、???と思った方は、真似をしてはいけません。
・TP560のバッテリパック内のフラットケーブルは切れやすいので注意しましょう。
 切れても、配線し直せば何とかなりますが、結構手間です。
・作業中は絶えずショート、逆接、セルの温度、臭いに注意しましょう
・質問、作業依頼は受け付けません。
疑問点 ・TP535とほぼ同時期に発売され、同じ構成のバッテリパックですがバッテリセルメーカが
 535=パナソニック
 560=AT&T
 となぜ違うのでしょう?(これでは2社購買には なっていないぞー)

・またAT&Tのバッテリセルはセル内のヒューズが切れにくいので
 蘇生が容易ですが
 なぜ、充電不可になりバッテリパックとして逝ってしまうのでしょうか?
・作業中に赤の太いプラス側の電線がポロッと基板から外れました、、、
 (無茶な事はしていません)
 単なる接触不良(工場出荷時の半田ずけ不良)が原因かもしれません?

 


Think Pad Love TOP mail.gif (1706 バイト) ThinkPad Users' Webring[Japan]