Think Pad 130

ShopIBMアウトレットコーナー

Think Pad 130 1171-71J   発売時期 2000/10

LCDサイズ LCDタイプ CPU メモリ  HDD 重量 モデム Ethernet
標準/(MAX)
標準仕様 13.3インチ TFT  XGA モバイル Celeron-600MHz 64M/(192M)
SO-DIMM
10G 2.75Kg 56K 10/100 Base-T

 

特徴

・ i シリーズに限りなく似ている、100番代の名前を持つ 異色のThinkPadです。 もしかしてこれが i シリーズ廃止の一号機?
・USB-FDDが標準添付されておりオールインワンです。
・購入後に気付いたのが PCスロットは2段有りますが1枚しが挿入できません、つまりタイプ3のHDD挿すスペースがある。
・赤外線ポートは無い(使わないので無くても良い)
・筐体はデカイく重いし、バッテリは標準で安価なニッケル水素バッテリなのでデスクトップの替わりとして使うのが賢明でしょう。
・外装はラバー塗装ではなく フツーのプラスチック

メーカーへのリンク
カタログ

  
 

Think Pad 130すべて対応する
   動作保証メモリは
V133-A128Mです。
 
   詳しくはThinkPad対応表 参照

 



 

正面   側面が底側に向かって傾斜しているので、一見薄く見える。
右側面    バッテリ、CDドライブ
左側面   USBコネクター、PCカードスロット、HDDカバー
PCカードスロットのカバーは2枚分有るように見えますが
下側一枚分しか使えない仕様です、イジェクトレバーも1個です
後ろ   DC電源、PS/2ポート、パラレルポート、電話端子、Ethernetポート、VGAコネクタ、オーディオ端子、USBコネクター
何でもありーぃです、なんだか安心します、
  LCDを閉めたときにでもサスペンドや充電中のLEDが確認可能
最近のモデルはサスペンド時には三日月マークが別途用意されていて判り易くなった。
メモリの蓋   メモリはココのネジを外す、メモリの蓋は金属製で重たい
  バッテリーはココ
キーボード    i シリーズのようなキーボードです、キーボード自体は作りは良好ですが
 CDドライブやPCカードスロットの上部に位置するキー周辺は
 キーボードがうまく固定されず強く鍵打すると ふにゃふにゃです。
 構造上仕方ありませんがこんなに分厚いノートパソコンなんですから、
 もう少し堅牢に支えて欲しいです=>IBM
 

HDDを交換するには

    HDDの交換はこのコインネジを緩める、外す必要はありません
私はドライバーで緩めていますが本来はコインで緩めます
    HDDのカバーを外しHDDを少し抜いたところ
    HDDを外し HDDブラケットを外す
    専用コネクタを外す
 
 サービスショット

ThinkPad Loveへ戻る

ThinkPadの修理とメモリの専門店
中部ノートセンター株式会社

ここをクリックしてください。