Think Pad 235
2352.jpg (75333 バイト)

 

対応のメモリは

TPED-64M

で動作保証します。

 

 

Think Pad 235 2607-10J   発売時期 1998/07

LCDサイズ LCDタイプ CPU メモリ  HDD 重量
標準/(MAX)
標準仕様 9.2インチ TFT  SVGA MMX233MHz 32M/(96M) 3.2G 1.25Kg

 

 

特徴

・ライオスの最後の作品になってしまったチャンドラのIBM版
・Think Pad 220より少し厚くなったがA5サイズです
・A5サイズでSVGAを実現しているしかも今までのIBMの液晶パネルより明るくてきれい
・バッテリーはPC110と同じビデオカメラ用のLi-Ion 7.2V1200mAを左右に2個搭載
・鞄の中に入れても軽くて薄くて小さい(にじゅうまる)しかし筐体のプラスチックが薄く不安である為
 やはり何か保護袋に入れてしまうので、かさばる(*_*)
・PCカードスロットが3個ある(にじゅうまる)
・Think Pad 240が発売になってしまった為に早々に店頭から姿を消す不運なノートでもある
・Easy-Setupが無い(かわいい小鳥は住んでいない)
・メモリは 144pin S.O.DIMM EDO を使用
・20JではBIOSを0406066940へUPしないと SONY製のバッテリNP-F550は充電しない

BIOS
ftp://ftp.jp.ibm.com/pub/pccsvc/thinkpad/cla1stjp/

ライオスのドライバー
http://www.ricoh.co.jp/chandra/download.html

NP10J/20J/21J/30J => チャンドラ1でありIBMでは発売されていない VGAでP133まででUSB無し
NP50J/60J/70J => チャンドラ2でありNP50Jは2607-10J相当    60J/70Jは2607-20Jに相当します

・システム構成ユーティリティーの出し方

 windows動作中でも可 Fn+F1 

 拡張構成セットアップメニューの出し方 理解している方以外は触らない方が良い
 システム構成ユーティリティー表示中に Ctrl+A Esc Esc 

  Win2000をインストールするには 拡張構成セットアップメニューにてAPCI詳細設定
 APCIを使用[する]→[しない]へ変更しないと

 Windows2000のインストールの途中で「STOP 0x000000A5」エラーがでてインストール
出来ません。
 


2351 正面 薄くて小さい、前面にUSBポート
2353 右側面 この小ささですべてのポートを本体に装備!!
左からPS/2ポート、シリアルポート、VGAコネクター
2355 左側面 PCカードスロットが3個
2354 後ろ DC電源とパラレルポート
2356 LCDを閉めたときにでもサスペンドや充電中のLEDが確認可能
2357 デカバッテリー用のカバーはIBMより発売されなかった(;_;)

 

普通のトラックポイントを235で使用する方法NEW
(トラックポイントジョキジョキ法)

TP235用のトラックポイントはIBMより部品として注文すると、なんと2個で2470円(2000年2月現在)もします。
そこで普通のトラックポイントを自己責任で流用出来ないか考察してみました。
(ちなみに普通のトラックポイントをそのままTP235に装着すると液晶パネルに追突します。)

普通のトラックポイントは高さ約6.0mmです
(下の桝目は1cm四方です)
TP235用は高さ約3.7mmです
手前(左側)がTP235用のトラックポイント
奥の大きいのが普通のトラックポイント
(遠近法で普通のトラックポイントの方が径が太く見えますが、径は全く同じです)
つまり高さが違うだけの様です

・それでは(トラックポイントジョキジョキ法)を紹介します。

 ニッパ等で高さ約3.7mmぐらいまで普通のトラックポイントをジョキジョキします(^.^)

 
・完了!!


穴の深さは約3.0mmになるはずです。

所要時間約20秒、
本物と比べ、ボトム部の”つば”?はありませんが、
装着すれば全く違和感ありません(^_^;)


(トラックポイントジョキジョキ法)は自己責任でお願いします。

Think Pad Love TOP   ThinkPad Users' Webring[Japan]
ThinkPadの修理とメモリの専門店
中部ノートセンター株式会社