Think Pad 315ED

 

Think Pad 315ED 2600-D0J(DZJ)   発売時期 1998/02

LCDサイズ LCDタイプ CPU メモリ  HDD 重量 モデム
標準/(MAX)
標準仕様 12.1インチ SVGA TFT MMX 166MHz 32M/(64M) 2.1G 3.2Kg 無し
現在 同上 同上 同上 64M 同上 同上 同上

 

特徴

・これも、少し変わったThinkPadである、筐体にはラバー塗装は無く、材質も銀色っぽい、電源スイッチの形状も独特
・BIOSも独特、やっぱり小鳥も住んでいない。
・キーボード配列もPgUpキー PgDnキーが下方にずらし、キー配列を簡素化しコストダウン化を図っている、
 この為、見た目も非常にシンプルですっきり見える。
・TFT、SVGA、12.1インチディスプレイで老眼のオヤジでも無理無く文字の判読可能
・Made in Taiwanである、また設計がアメリカっぽく、おおざっぱで丈夫そうで、楽しめそうなマシンである。
・赤外線ポートは無い(どうせ使わないのでこれでいいのでは)
・20倍速CD-ROMドライブ搭載、FDDは外つけ


 

正面 何も無い、LCDロックは中央一点
右側面 PCカードスロットのみ
左側面 左からバッテリーのフタ、CDドライブ、電源スイッチ
後ろ 左からDC電源、FDDコネクター、オーディオ端子、シリアルポート、
    パラレルポート、VGAコネクタ、PS/2ポート
何も無い
増設メモリーのフタだけ。
tp315ed_11.jpg (59295 バイト) HDDはココ カバーは底面にネジ1本外すだけ 
バッテリーはココ(TP701に似ている) ニッケル水素バッテリー

 

では早速分解?
STEP1 tp315ed_20.jpg (102292 バイト) ヒンジカバーをビスを4本外し
写真の様にヒンジカバーを外す
STEP2 tp315ed_18.jpg (77677 バイト) キーボードをヒンジ側より持ち上げ、LCDを外す必要はありません。
STEP3 tp315ed_19.jpg (53699 バイト) ケーブルを外す(慣れればキーボードケーブルは取りはずさなくても、CPUは交換できます)
STEP4 tp315ed_17.jpg (74109 バイト) このアルミの板を外す
STEP5 CPUさんこんにちは
参考 tp315ed_15.jpg (139045 バイト) TP310x 315xの最大の特徴?ソケット7にCPUが載っている、しかもディップスイッチで設定可能

ディップSWはココ
CPUの上が電圧設定
CPUの左が周波数設定とキーボード地域設定、PW解除
詳しくは
TP 310 - Hardware Maintenance Manual 
or
ftp://ftp.pc.ibm.com/pub/pccbbs/mobiles/310hmm.pdf

BIOS
画面
tp315ed_21.jpg (61377 バイト) 電源ON後 ThinkPadとIBMのロゴが出てきたときに「F2」押しっぱなし
tp315ed_22.jpg (75637 バイト) 基本システム設定
tp315ed_24.jpg (83288 バイト) 省電力設定

Think Pad Love TOP 中部センター mail.gif (1706 バイト) ThinkPad Users' Webring[Japan]
ThinkPadの修理とメモリの専門店
中部ノートセンター株式会社