Think Pad i Series 1124(2906-93J)

ShopIBMアウトレットコーナー

Think Pad i Series 1124(2906-93J) 発売時期 2001年1月

LCDサイズ LCDタイプ CPU メモリ  HDD 重量 モデム
標準/(MAX)
標準仕様 10.4インチ TFT  XGA 超低電圧版モバイル Pentium III-500MHz  64M/(192M) 20G 1.25Kg 56K

 

特徴

・ThinkPad初の超低電圧版モバイル Pentium III搭載で5時間の駆動時間を実現 
 (CPUとドライバー、ハード、制御方法などの改良により実現しています)
・10.4インチでXGAでIBMにしては明るいディスプレイ 
・VGA、レガシーポート、PS/2ポート等すべて搭載 
・デカバッテリは邪魔 ×
・PCスロットが1個しかない ×
モノラルスピーカ  ×
Ethernetポート 無し ×
・USBのFDDを挿すとDドライブになる(仕様) 標準添付の通常のFDDは問題なくAドライブになります

しかしこの後の発売された s30にて殆どの欠点は改良されていますが
s30ではポートが殆ど削除されている、小さく作るってどこかで妥協が必要です

メーカーへのリンク
ThinkPad i Series 1124(2906-93J)対応の
   動作保証メモリは
V133-A128Mです。
 
詳しくはThinkPad対応表 参照

 

  

正面   いつものフェイスです
右側面   左から HDD、赤外線ポート、USBポート、排気口、 PS/2ポート
標準のデカバッテリ分傾斜しています
左側面   電話端子、FDDコネクター、オーディオ端子、PCカードスロット1個
(Ethernetポートは目隠しされていますこの時代のマシンはiシリーズにはEthernetポート無しです
同等の240Zは Ethernetポート付いています)

後ろ   シリアルポート、パラレルポート、VGAコネクタ、DC電源、
  ネズミ色の筐体です、無難な色なんですけど、
パワーユーザーには不評な色でした
キーボード   キータッチは相変わらず素晴らしい!!
しかしThinkPadとしては異例の6列配列なので違和感有り
  バッテリーはココ標準バッテリも搭載可能

バッテリベンチはいつもの方法で
デカバッテリ2:40 標準添付品
標準バッテリ1:00 TP240の標準添付品(オプション設定無し)

Full Dayバッテリー(オプション)を使用すれば更に伸びます
HDD交換方法
ネジ2本を外す
HDDをずらして抜く

メモリの増設より簡単です

 


ThinkPad Love TOP

ThinkPadの修理とメモリの専門店
中部ノートセンター株式会社

ShopIBMアウトレットコーナー