Think Pad X40

ThinkPadX40で動作保証するメモリは中部ノートセンター で直売中 

 

Think Pad X40 2371-4WJ  発売時期 2003/12

LCDサイズ LCDタイプ CPU
 チップセット
メモリ  HDD 重量 モデム
標準/(MAX)
標準仕様 12.1インチ TFT  XGA

超低電圧版インテル Pentium M
プロセッサ1GHz
IntelR 855GME

256M/(1280M) 20G 1.24Kg 56K



メモリはVDR333-A1G  VDR333-A512M VDR333-A256M が最適です。

特徴

・小型のHDDを搭載したThinkPad 小型ながら12.1インチのLCDと今まで通りのキーボードを搭載
・X31より薄く、軽くデザインされている
・ウルトラベースはX40専用が必要
B5コンパクトモバイルという位置づけ


 

メーカーへのリンク
カタログ

  

  正面   リリース スイッチ(LCDを開けるロックレバー)は1個
右側面   左から DC電源、VGAコネクター 、USBポート、 IBM Powered USB 2.0ポート、USBポート(2.0)、CPUの排気口
左側面   左から PCカードスロット、 オーディオ端子、SDカードスロット 、USBポート(2.0)、
     電話端子、Ethernetポート(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)
 
  後ろ   バッテリのみ
    三日月のサスペンドLEDと電源ランプ
キーボード   「7列フルサイズ・キーボード」
       
  バッテリー容量は14.4V 1.9A 

メモリやオプションのMini PCIワイヤレス・オプション・カード
 はネジ3本でカバーを外します。

 

メモリは VDR333-A512M VDR333-A256M が最適です。

標準はスロットは空で 256M
VDR333-A256Mを挿して512M
VDR333-A512Mを挿して768M 
VDR333-A1Gを挿して最大の1280M 

HDD   HDDはココ 

 

HDD   裏返して抜いた様子 

 

HDD   X40で初採用の1.8インチの20GB HDD

HDDは日立グローバルストレージテクノロジ(HGST)の DK14FA-20

 

HDD    裏面  ピンの大きさは物理的に2.5インチHDDと同じです

 

  キーボード    キーボードは底面のネジを6本で外れますが
 コネクタが精密なので外さない方が良い
 

 

  キーボード  

裏面

お腹   キーボードを外すとこうなります
 SDスロットが目新しい
お腹   CPU周辺
お腹   マイクは側面を向いています。
キーボードライト   プレゼン等プロジェクタを使用する際に便利なキーボードライト

キーボードライトはオレンジになっています以外に見やすい

寝室で使う場合にも重宝するらしいです。
オプションのバッテリ  
X40シリーズ 拡張Li-Ionバッテリー・パック
を装着した様子

標準バッテリと同じ容量の 14.4V 1.9A です。
適度にチルトしますバッテリのみでコネクタ等は一切ありません。
X31 X40   下がX31 上がX40

12.1インチのLCDですのでそんなに小さくはなりません。

薄くなり
「軽くなって片手で持ち運べる」

といった印象で サブマシンにお勧めです。


メインマシンにも使用する場合はX31をチョイスしましょう。

X31 X40   下がX31 上がX40

ハイパフォーマンスで各ポートが必要な方は
X31を選んだ方が良いでしょう。

 

  Ethernetポート高さ+キーボードの高さ+LCDの厚み= X40の厚さです。

これ以上薄くするにはどれかを犠牲にする事になり
妥協を強いられます。

 
KWINSカード   京セラ 128K/bps KWINS常時接続PHSカード

もちろん動作します、X40はOSがWinXPなのでドライバー無しで突っ込むだけで使えます。

是非 屋外での通信は
KWINSをお勧めします。

 

 


ThinkPad Love TOP

メモリは中部ノートセンターへ
ibmpc.jp

ThinkPadの修理とメモリの専門店
中部ノートセンター株式会社